2021年7月24日・25日書評情報

【読売新聞】

オレーク・V・フレヴニューク著『スターリン: 独裁者の新たなる伝記』(白水社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:加藤聖文氏)。

書籍詳細はコチラ

 

米家志乃布著『近世蝦夷地の地域情報:日本北方地図史再考』(法政大学出版局)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:佐藤信氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

竹下節子著『疫病の精神史: ユダヤ・キリスト教の穢れと救い』(筑摩書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:宮下志朗氏)。

書籍詳細はコチラ

 

オレーク・V・フレヴニューク著『スターリン: 独裁者の新たなる伝記』(白水社)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:野村進氏)。

書籍詳細はコチラ

 

パトリース・カーン=カラーズ/アーシャ・バンデリ著『ブラック・ライヴズ・マター回想録: テロリストと呼ばれて』(青土社)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:西山隆行氏)。

書籍詳細はコチラ

 

マシュー・C・クレイン/マイケル・ペティス著『貿易戦争は階級闘争である: 格差と対立の隠された構造』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:福田慎一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

ブランコ・ミラノヴィッチ著『資本主義だけ残った: 世界を制するシステムの未来』(みすず書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:伊東光晴氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ラルフ・ジェームズ・サヴァリーズ著『嗅ぐ文学、動く言葉、感じる読書: 自閉症者と小説を読む』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:伊藤亜紗氏)。

書籍詳細はコチラ

 


2021年7月26日