2021年5月29日・30日書評情報

【読売新聞】

植木朝子著『虫たちの日本中世史: 『梁塵秘抄』からの風景』(ミネルヴァ書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:佐藤信氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

平野雄吾著『ルポ 入管: 絶望の外国人収容施設』(筑摩書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:高谷幸氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ジョセフ・カレンズ著『不法移民はいつ〈不法〉でなくなるのか: 滞在時間から滞在権へ』(白水社)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:高谷幸氏)。

書籍詳細はコチラ

 

フレデリック・クレインス著『ウィリアム・アダムス: 家康に愛された男・三浦按針』(筑摩書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:柄谷行人氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

佐良土茂樹著『コーチングの哲学: スポーツと美徳』(青土社)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:澤宮優氏)。

書籍詳細はコチラ

 

松本俊彦著『誰がために医師はいる: クスリとヒトの現代論』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:倉数茂氏)。

書籍詳細はコチラ

 

鄭鍾賢/渡辺直紀著『帝国大学の朝鮮人: 大韓民国エリートの起源』(慶應義塾大学出版会)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:小倉紀蔵氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ハワード・スティーヴン・フリードマン著『命に〈価格〉をつけられるのか』(慶應義塾大学出版会)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:岡崎哲二氏)。

書籍詳細はコチラ

 


2021年5月31日