2023年02月04日・05日書評情報

読売新聞

嵐山 光三郎 著『年をとったら驚いた!』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:東えりか氏)。

書籍詳細はコチラ
 

ナターシャ・ヴォーディン 著『彼女はマリウポリからやってきた』(白水社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:堀川惠子氏)。

書籍詳細はコチラ
 

日本経済新聞

スヴェン・ベッカート 著『綿の帝国:グローバル資本主義はいかに生まれたか』(紀伊國屋書店)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:山下範久氏)。

書籍詳細はコチラ
 

毎日新聞

ルース・バーナード・イーゼル 著『絵画とタイトル:その近くて遠い関係』(みすず書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:堀江敏幸氏)。

書籍詳細はコチラ
 

堀越 謙三/ 高崎 俊夫 編集『インディペンデントの栄光:ユーロスペースから世界へ』(筑摩書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:井上知大氏)。

書籍詳細はコチラ
 

2023年2月5日

2023年01月28日・29日書評情報

読売新聞

酒井 健 著『モーツァルトの至高性: 音楽に架かるバタイユの思想』(青土社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:郷原佳以氏)。

書籍詳細はコチラ
 

小島 英俊 著『旅する漱石と近代交通: 鉄道・船・人力車』(平凡社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:牧野邦昭氏)。

書籍詳細はコチラ
 

森田 敬史/ 打本 弘祐/ 山本 佳世子 編著『宗教者は病院で何ができるのか: 非信者へのケアの諸相』(勁草書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:堀川惠子氏)。

書籍詳細はコチラ
 

澤田 典子 著『古代マケドニア王国史研究: フィリッポス二世のギリシア征服』(東京大学出版会)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:遠藤乾氏)。

書籍詳細はコチラ
 

平川 新 著『〈伊達騒動〉の真相』(吉川弘文館)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

矢野 利裕 著『学校するからだ』(晶文社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

朝日新聞

木庭 顕 著『憲法9条へのカタバシス』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:木村草太氏)。

書籍詳細はコチラ
 

池内 恵 / 宇山 智彦/ 川島 真/ 小泉 悠/ 鈴木 一人/ 鶴岡 路人/ 森 聡 著『ウクライナ戦争と世界のゆくえ』(東京大学出版会)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:木村草太氏)。

書籍詳細はコチラ
 

山内 一也 著『異種移植: 医療は種の境界を超えられるか』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:行方史郎氏)。

書籍詳細はコチラ
 

日本経済新聞

ナヒド・アスランベイグイ/ガイ・オークス 著『ジョーン・ロビンソンとケインズ: 最強の女性経済学者はいかにして生まれたか』(慶應義塾大学出版会)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:根井雅弘氏)。

書籍詳細はコチラ
 

ジェフリー・ガーテン 著『ブレトンウッズ体制の終焉: キャンプ・デービッドの3日間』(勁草書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

毎日新聞

鈴木 浩三 著『地形で見る江戸・東京発展史』(筑摩書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:湯川豊氏)。

書籍詳細はコチラ
 

沼田 和也 著『街の牧師 祈りといのち』(晶文社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:渡邊十絲子氏)。

書籍詳細はコチラ
 

イアン・ジョンソン 著『信仰の現代中国:心のよりどころを求める人びとの暮らし』(白水社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:橋爪大三郎氏)。

書籍詳細はコチラ
 

2023年1月29日

2023年01月21日・22日書評情報

読売新聞

杉山 亮 著『子どものことを子どもにきく: 「うちの子」へのインタビュー 8年間の記録』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:本多正一氏)。

書籍詳細はコチラ
 

朝日新聞

ロクサーヌ・ダンバー=オルティス 著『先住民とアメリカ合衆国の近現代史』(青土社)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:犬塚元氏)。

書籍詳細はコチラ
 

菅章 著『ネオ・ダダの逆説: 反芸術と芸術』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:椹木野衣氏)。

書籍詳細はコチラ
 

ティモシー・スナイダー 著『ブラッドランド: ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実』上・下(筑摩書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:小澤英美氏)。

書籍詳細はコチラ 上
 

日本経済新聞

西 成彦 著『死者は生者のなかに: ホロコーストの考古学』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:奥彩子氏)。

書籍詳細はコチラ
 

矢野 利裕 著『学校するからだ』(晶文社)の書評が

「書評」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

毎日新聞

マイケル・ゴールドマン 著『緑の帝国: 世界銀行とグリーン・ネオリベラリズム』(紀伊國屋書店)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:永江朗氏)。

書籍詳細はコチラ
 

菅章 著『ネオ・ダダの逆説: 反芸術と芸術』(みすず書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:飯島洋一氏)。

書籍詳細はコチラ
 

ロブとトム・シアーズ 著『大きな 大きな 大きな 足あと: もし全人類がひとりの超巨人だったら』(創元社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:渡邊十絲子氏)。

書籍詳細はコチラ
 

2023年1月22日

2023年01月14日・15日書評情報

読売新聞

W・ブライアン・アーサー 著『テクノロジーとイノベーション: 進化/生成の理論』(みすず書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:岩尾俊兵氏)。

書籍詳細はコチラ
 

チョ・ナムジュ 著『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:きむふな氏)。

書籍詳細はコチラ
 

千種 創一 著『砂丘律』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:石井千湖氏)。

書籍詳細はコチラ
 

吉田 健一 著『本が語ってくれること』(平凡社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:石井千湖氏)。

書籍詳細はコチラ
 

中村 雅之 著『教養としての能楽史』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:塩崎淳一郎氏)。

書籍詳細はコチラ
 

別冊太陽編集部 編『日本の家庭料理とレシピの一〇〇年: 料理研究家とその時代』(平凡社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

ハリー・ルーベンホールド 著『切り裂きジャックに殺されたのは誰か: 5人の女性たちの語られざる人生』(青土社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:金子拓氏)。

書籍詳細はコチラ
 

朝日新聞

鈴木 浩三 著『地形で見る江戸・東京発展史』(筑摩書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:田中大喜氏)。

書籍詳細はコチラ
 

エマヌエーレ・コッチャ 著『メタモルフォーゼの哲学』(勁草書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:藤原辰史氏)。

書籍詳細はコチラ
 

遠藤 慶太 著『仁明天皇』(吉川弘文館)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:澤田瞳子氏)。

書籍詳細はコチラ
 

アンドレイ・フェシュン 編『ゾルゲ・ファイル 1941-1945: 赤軍情報本部機密文書』の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:保阪正康氏)。

書籍詳細はコチラ
 

団 鬼六 著『死んでたまるか: 団鬼六自伝エッセイ』の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:安田浩一氏)。

書籍詳細はコチラ
 

日本経済新聞

エドガー・カバナス/ エヴァ・イルーズ 著『ハッピークラシー: 「幸せ」願望に支配される日常』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:永井玲衣氏)。

書籍詳細はコチラ
 

砂原 庸介 著『領域を超えない民主主義: 地方政治における競争と民意』(東京大学出版会)の書評が

「書評」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

青山 直篤 著『デモクラシーの現在地: アメリカの断層から』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

小島 英俊 著『旅する漱石と近代交通: 鉄道・船・人力車』(平凡社)の書評が

「書評」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

毎日新聞

D・カーネギー 著『人を動かす』(創元社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:茂木健一郎氏)。

書籍詳細はコチラ
 

東畑 開人 著『聞く技術 聞いてもらう技術』(筑摩書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:清水有香氏)。

書籍詳細はコチラ
 

2023年1月15日

2023年01月07日・08日書評情報

読売新聞

マーガレット・アトウッド 著『青ひげの卵』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:川口晴美氏)。

書籍詳細はコチラ
 

日本チェンバロ協会 著『チェンバロ大事典』(春秋社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

鬼頭 智子 著『今鳴いた烏がもう笑った 鬼頭智子作品集』(平凡社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:苅部直氏)。

書籍詳細はコチラ
 

朝日新聞

東畑 開人 著『聞く技術 聞いてもらう技術』(筑摩書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:辻山良雄氏)。

書籍詳細はコチラ
 

青木 深 著『進駐軍を笑わせろ!: 米軍慰問の演芸史』(平凡社)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:藤野裕子氏)。

書籍詳細はコチラ
 

ナヒド・アスランベイグイ/ガイ・オークス 著『ジョーン・ロビンソンとケインズ: 最強の女性経済学者はいかにして生まれたか』(慶應義塾大学出版会)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:神林龍氏)。

書籍詳細はコチラ
 

日本経済新聞

クリスティーナ・カッターネオ 著『顔のない遭難者たち: 地中海に沈む移民・難民の「尊厳」』(晶文社)の書評が

「書評」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

市川 浩 著『ソ連核開発全史』(筑摩書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました。

書籍詳細はコチラ
 

毎日新聞

アンドリュー・J・ロッター 著『原爆の世界史: 開発前夜から核兵器の拡散まで』(ミネルヴァ書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:三浦雅士氏)。

書籍詳細はコチラ
 

2023年1月9日