2021年2月13日・14日書評情報

【読売新聞】

広瀬巌著『パンデミックの倫理学: 緊急時対応の倫理原則と新型コロナウイルス感染症』(勁草書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:仲野徹氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ヤン・プランパー著『感情史の始まり』(みすず書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:小川さやか氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ペーテル・エールディ著『ランキング: 私たちはなぜ順位が気になるのか?』(日本評論社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:稲野和利氏)。

書籍詳細はコチラ

 

杉田俊介著『人志とたけし: 芸能にとって「笑い」とはなにか』(晶文社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:橋本倫史氏)。

書籍詳細はコチラ

 

林光著『私の戦後音楽史 : 楽士の席から』(平凡社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:大原哲夫氏)。

書籍詳細はコチラ

 

エドワード・シルベスター・モース著『日本その日その日 1』(平凡社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:大原哲夫氏)。

書籍詳細はコチラ

 

エリック・リーヴィー著『モーツァルトとナチス: 第三帝国による芸術の歪曲』(白水社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:大原哲夫氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

マーガレット・ムーア著『領土の政治理論』(法政大学出版局)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:石川健治氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

ジェイムズ・クリフォード著『リターンズ: 二十一世紀に先住民になること』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:中村和恵氏)。

書籍詳細はコチラ

 

谷口将紀著『現代日本の代表制民主政治: 有権者と政治家』(東京大学出版会)の書評が

「今を読み解く」欄で掲載されました(評者:飯尾潤氏)。

書籍詳細はコチラ

 

中北浩爾著『自公政権とは何か』(筑摩書房)の書評が

「今を読み解く」欄で掲載されました(評者:飯尾潤氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

楊海英著『内モンゴル紛争: 危機の民族地政学』(筑摩書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:橋爪大三郎氏)。

書籍詳細はコチラ

 

柴田元幸/小島敬太編訳『中国・アメリカ 謎SF』(白水社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:中島京子氏)。

書籍詳細はコチラ

 


2021年2月15日