2020年12月19日・20日書評情報

【読売新聞】

小田部胤久著『美学』(東京大学出版会)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:山内志朗氏)。

書籍詳細はコチラ

 

酒井健著『ロマネスクとは何か: 石とぶどうの精神史』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:栩木伸明氏)。

書籍詳細はコチラ

 

藤本和子著『ブルースだってただの唄』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:石井千湖氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

佐藤信著『近代日本の統治と空間: 私邸・別荘・庁舎』(東京大学出版会)の書評が

「ひもとく」欄で掲載されました(評者:松山恵氏)。

書籍詳細はコチラ

 

藤本和子著『ブルースだってただの唄』(筑摩書房)の書評が

「文庫この新刊!」欄で掲載されました(評者:堀部篤史氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ジュリア・ボイド著『第三帝国を旅した人々: 外国人旅行者が見たファシズムの勃興』(白水社)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:戸邉秀明氏)。

書籍詳細はコチラ

 

松村秀一/服部岑生編『和室学: 世界で日本にしかない空間』(平凡社)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:長谷川逸子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

平山洋介著『「仮住まい」と戦後日本』(青土社)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:本田由紀氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

ハワード・ノーマン著『ノーザン・ライツ』(みすず書房)の書評が

「書評」欄で掲載されました(評者:越川芳明氏)。

書籍詳細はコチラ

 

笹尾隆二郎著『開発コンサルタントという仕事: 国際協力の現場を駆けめぐる』(日本評論社)の書評が

「活字の海で」欄で掲載されました(評者:前田裕之氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

三谷博著『日本史からの問い: 比較革命史への道』(白水社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:磯田道史氏)。

書籍詳細はコチラ

 

日和聡子著『この世にて』(青土社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:堀江敏幸氏)。

書籍詳細はコチラ

 

陣内秀信著『水都 東京: 地形と歴史で読みとく下町・山の手・郊外』(筑摩書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:松原隆一郎氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ケネス・B・パイル著『アメリカの世紀と日本: 黒船から安倍政権まで』(みすず書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:松原隆一郎氏)。

書籍詳細はコチラ

 

中村稔著『宮沢賢治論』(青土社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:三浦雅士氏)。

書籍詳細はコチラ

 

小林のり一/戸田学著『何はなくとも三木のり平: 父の背中越しに見た戦後東京喜劇』(青土社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:渡辺保氏)。

書籍詳細はコチラ

 

バーバラ・レヴィック著『アウグストゥス: 虚像と実像』(法政大学出版局)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:本村凌二氏)。

書籍詳細はコチラ

 


2020年12月21日