2019年11月2・3日書評情報

【読売新聞】

トム・ニコルズ著『専門知は、もういらないのか』(みすず書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:鈴木幸一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

伊藤亜紗著『記憶する体』(春秋社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:本郷恵子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

山口栄一著『イノベーションはなぜ途絶えたか』(筑摩書房)の書評が

「ひもとく」欄で掲載されました(評者:黒沢大陸氏)。

書籍詳細はコチラ

 

阿部謹也著『ハーメルンの笛吹き男』(筑摩書房)の書評が

「売れてる本」欄で掲載されました(評者:谷賢一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

雨宮処凛著『この国の不寛容の果てに』(大月書店)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:本田由紀氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ジェニファー・ラトナー=ローゼンハーゲン著『アメリカのニーチェ』(法政大学出版局)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:石川健治氏)。

書籍詳細はコチラ


2019年12月16日