書評情報

読売新聞・朝日新聞・毎日新聞・日本経済新聞の読書欄に掲載された会員社の刊行物をご紹介いたします。

書評情報

2019年7月20・21日書評情報

【読売新聞】

高橋絵里香著『ひとりで暮らす、ひとりを支える』(青土社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:鈴木洋仁氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

中村稔著『高村光太郎の戦後』(青土社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:石川健治氏)。

書籍詳細はコチラ

 

中北浩爾著『自公政権とは何か』(筑摩書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:宇野重規氏)。

書籍詳細はコチラ

 

小和田哲男著『明智光秀・秀満』(ミネルヴァ書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:諸田玲子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

宮坂静生編著『俳句必携 1000句を楽しむ』(平凡社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:小島ゆかり氏)。

書籍詳細はコチラ

 

橋本治著『思いつきで世界は進む』(筑摩書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:加藤陽子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

2019年7月13・14日書評情報

【読売新聞】

ジョアオ・ビール著『ヴィータ 遺棄された者たちの生』(みすず書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:藤原辰史氏)。

書籍詳細はコチラ

 

クリス・チェインバーズ著『心理学の7つの大罪』(みすず書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:三中信宏氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

新藤宗幸著『官僚制と公文書』(筑摩書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:本田由紀氏)。

書籍詳細はコチラ

 

高橋絵里香著『ひとりで暮らす、ひとりを支える』(青土社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:間宮陽介氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ナディ著『ふるさとって呼んでもいいですか』(大月書店)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:武田砂鉄氏)。

書籍詳細はコチラ

2019年7月6・7日書評情報

【読売新聞】

張博樹著『新全体主義の思想史』(白水社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:篠田英朗氏)。

書籍詳細はコチラ

 

八田達夫編著『待機児童対策』(日本評論社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:坂井豊貴氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

池内了著『科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか』(みすず書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:保阪正康氏)。

書籍詳細はコチラ

 

内田百閒著『百鬼園 戦前・戦中日記』上・下(慶應義塾大学出版会)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:横尾忠則氏)。

書籍詳細はコチラ

 

エイミー・ゴールドスタイン著『ジェインズヴィルの悲劇』(創元社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:石川尚文氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

ヤーコプ・ブルクハルト著『イタリア・ルネサンスの文化』上・下(筑摩書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:本村凌二氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

バーツラフ・シュミル著『エネルギーの人類史』上・下(青土社)の書評が

「この一冊」欄で掲載されました(評者:山内昌之氏)。

書籍詳細はコチラ

 

リチャード・ドーキンス著『利己的な遺伝子』(紀伊國屋書店)の書評が

「半歩遅れの読書術」欄で掲載されました(評者:藤井太洋氏)。

書籍詳細はコチラ