2018年11月10・11日書評情報

【読売新聞】

辛島デイヴィッド著『Haruki Murakamiを読んでいるときに我々が読んでいる者たち』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:服部文祥氏)。

書籍詳細はコチラ

 

馬場公彦著『世界史のなかの文化大革命』(平凡社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:加藤徹氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

小島英俊著『鉄道快適化物語』(創元社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:宮田珠己氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

ロバート・マクマン著『冷戦史』(勁草書房)の書評が

「今を読み解く」欄で掲載されました(評者:渡邊啓貴氏)。

書籍詳細はコチラ

 

モーリス・ヴァイス著『戦後国際関係史』(慶應義塾大学出版会)の書評が

「今を読み解く」欄で掲載されました(評者:渡邊啓貴氏)。

 

益田実ほか編著『冷戦史を問い直す』(ミネルヴァ書房)の書評が

「今を読み解く」欄で掲載されました(評者:渡邊啓貴氏)。

書籍詳細はコチラ

 

梁鴻著『中国はここにある』(みすず書房)の書評が

「この一冊」欄で掲載されました(評者:阿古智子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

村上篤直著『評伝小室直樹』上・下(ミネルヴァ書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:竹内洋氏)。

書籍詳細はコチラ

2018年11月13日

2018年11月3・4日書評情報

【朝日新聞】

北村雄一著『大人の恐竜図鑑』(筑摩書房)の書評が

「ひもとく」欄で掲載されました(評者:渡辺政隆氏)。

書籍詳細はコチラ

 

内田洋一著『風の演劇 評伝別役実』(白水社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:池内紀氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

深緑野分著『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)の書評が

「この3冊」欄で掲載されました(評者:酒寄進一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

平出隆著『私のティーアガルテン行』(紀伊國屋書店)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:四元康行氏)。

書籍詳細はコチラ

 

木村大治著『見知らぬものと出会う』(東京大学出版会)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:吉川浩満氏)。

書籍詳細はコチラ

2018年11月5日

2018年10月27・28日書評情報

【読売新聞】

マルティン・ハイデッガー著『芸術作品の根源』(平凡社)の書評が

「秋の読書週間」欄で掲載されました(評者:南直哉氏)。

書籍詳細はコチラ

 

松下幸子著『江戸料理読本』(筑摩書房)の書評が

「秋の読書週間」欄で掲載されました(評者:蜂飼耳氏)。

書籍詳細はコチラ

 

エイドリアン・オーウェン著『生存する意識』(みすず書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:服部文祥氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ニコルソン・ベイカー 著『U&I』(白水社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:尾崎真理子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

アントニオ・タブッキ著『供述によるとペレイラは……』(白水社)の書評が

「読書週間2018」欄で掲載されました(評者:川上弘美氏)。

書籍詳細はコチラ

 

小堀鷗一郎著『死を生きた人びと』(みすず書房)の書評が

「読書週間2018」欄で掲載されました(評者:池内紀氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ウーヴェ・ティム著『ぼくの兄の場合』(白水社)の書評が

「読書週間2018」欄で掲載されました(評者:池内紀氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ファクンド・アルヴァレド他編集『世界不平等レポート2018』(みすず書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:石川尚文氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

太宰治著『ちくま日本文学008 太宰治』(筑摩書房)の書評が

「この3冊」欄で掲載されました(評者:押切もえ氏)。

書籍詳細はコチラ

 

チャールズ・アフロン/ミレッラ・J・アフロン著『メトロポリタン歌劇場』(みすず書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:池澤夏樹氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ニコルソン・ベイカー 著『U&I』(白水社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:若島正氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

クレイグ・ネルソン著『パール・ハーバー』上・下(白水社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:佐々木卓也氏)。

書籍詳細はコチラ

 

竹内洋著『教養派知識人の運命』(筑摩書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:與那覇潤氏)。

書籍詳細はコチラ

2018年10月31日

2018年10月20・21日書評情報

【読売新聞】

ライアンダ・リン・ハウプト著『モーツァルトのムクドリ』(青土社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:塚谷裕一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

稲葉継陽著『細川忠利』(吉川弘文館)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:本郷恵子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

竹内洋著『教養派知識人の運命』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:土方正志氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

新川敏光著『田中角栄』(ミネルヴァ書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:齋藤純一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ジェイムズ・Q・ウィットマン著『ヒトラーのモデルはアメリカだった』(みすず書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:西崎文子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

高木久史著『撰銭とビタ一文の戦国史』(平凡社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:出口治明氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

古井戸秀夫著『評伝 鶴屋南北(全二巻)』(白水社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:渡辺保氏)。

書籍詳細はコチラ

 

深緑野分著『ベルリンは晴れているか』(筑摩書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:岩間陽子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

持田叙子著『折口信夫 秘恋の道』(慶應義塾大学出版会)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:水原紫苑氏)。

書籍詳細はコチラ

 

下地ローレンス吉孝著『「混血」と「日本人」』(青土社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:橋本一径氏)。

書籍詳細はコチラ

2018年10月23日