2018年6月30日・7月1日書評情報

【朝日新聞】

ゼンケ・ナイツェル、ハラルト・ヴェルツァー著『兵士というもの』(みすず書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:保阪正康氏)。

書籍詳細はコチラ

 

木村草太著『自衛隊と憲法』(晶文社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:齋藤純一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

山本譲司著『刑務所しか居場所がない人たち』(大月書店)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:野矢茂樹氏)。

書籍詳細はコチラ

 

宝田明著『銀幕に愛をこめて』(筑摩書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:横尾忠則氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

リチャード・J・エヴァンズ著『力の追求』上・下(白水社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:岩間陽子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

三中信宏著『系統体系学の世界』(勁草書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:野家啓一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ピーター・チャップマン著『バナナのグローバル・ヒストリー』(ミネルヴァ書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:清水透氏)。

書籍詳細はコチラ

 

齊藤誠著『〈危機の領域〉』(勁草書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:小関広洋氏)。

書籍詳細はコチラ

 

2018年7月2日

2018年6月23・24日書評情報

【読売新聞】

村田喜代子著『火環』(平凡社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:尾崎真理子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ロラン・バルト著『ロラン・バルトによるロラン・バルト』(みすず書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:宮下志朗氏)。

書籍詳細はコチラ

 

鵜飼哲夫著『三つの空白』(白水社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:苅部直氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

木庭顕著『憲法9条へのカタバシス』(みすず書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:間宮陽介氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

デイヴィッド・W・アンソニー著『馬・車輪・言語』上・下(筑摩書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:三浦雅士氏)。

書籍詳細はコチラ

 

奈倉哲三ほか編『戊辰戦争の新視点』上・下(吉川弘文館)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:加藤陽子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

ウゴ・パガロ著『ロボット法』(勁草書房)の書評が

「今を読み解く」欄で掲載されました(評者:中山幸三氏)。

書籍詳細はコチラ

 

2018年6月26日

2018年6月9・10日書評情報

【読売新聞】

多田富雄著『免疫の意味論』(青土社)の書評が

「平成時代名著50」欄で掲載されました(評者:岡ノ谷一夫氏)。

書籍詳細はコチラ

 

貴戸理恵著『「コミュ障」の社会学』(青土社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:貴戸理恵氏)。

書籍詳細はコチラ

 

君塚洋一著『選曲の社会史』(日本評論社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:森健氏)。

書籍詳細はコチラ

 

飯田芳弘著『忘却する戦後ヨーロッパ』(東京大学出版会)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:鈴木幸一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

原田隆之著『サイコパスの真実』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:服部文祥氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

宇野弘蔵著『社会科学としての経済学』(筑摩書房)の書評が

「ひもとく」欄で掲載されました(評者:柄谷行人氏)。

書籍詳細はコチラ


カール・マルクス著『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版]』(平凡社)
の書評が

「ひもとく」欄で掲載されました(評者:柄谷行人氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ウィリアム・カールセン著『マヤ探検記』上・下(青土社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:山室恭子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

金森修著『人形論』(平凡社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:内田真理香氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ダニエル・ヘラー=ローゼン著『エコラリアス』(みすず書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:沼野充義氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

マルク・デュガン、クリストフ・ラベ著『ビッグデータという独裁者』(筑摩書房)の書評が

「今を読み解く」欄で掲載されました(評者:石田英敬氏)。

書籍詳細はコチラ

 

内田貴著『法学の誕生』(筑摩書房)の書評が

「この一冊」欄で掲載されました(評者:橋爪大三郎氏)。

書籍詳細はコチラ

 

渡辺浩平著『吉田満 戦艦大和学徒兵の五十六年』(白水社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:福間良明氏)。

書籍詳細はコチラ

2018年6月11日

2018年6月2・3日書評情報

【読売新聞】

ソロモン・ヴォルコフ著『ショスタコーヴィチとスターリン』(慶應義塾大学出版会)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:塚谷裕一氏・三浦瑠麗氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

クリストフ・ボヌイユ、ジャン=バティスト・フレソズ著『人新世とは何か』(青土社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:長谷川眞理子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ヨハン・ノルベリ著『進歩』(晶文社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:石川尚文氏)。

書籍詳細はコチラ

 

リン・H・ニコラス著『ナチズムに囚われた子どもたち』(白水社)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:寺尾紗穂氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

道下徳成著『北朝鮮 瀬戸際外交の歴史』(ミネルヴァ書房)の書評が

「この3冊」欄で掲載されました(評者:磯崎敦仁氏)。

書籍詳細はコチラ

 

佐藤元状著『グレアム・グリーン ある映画的人生』(慶應義塾大学出版会)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:若島正氏)。

書籍詳細はコチラ

 

齊藤誠著『〈危機の領域〉』(勁草書房)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:大竹文雄氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

カロリン・エムケ著『憎しみに抗って』(みすず書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:松永美穂氏)。

書籍詳細はコチラ

 

2018年6月4日