書評情報

読売新聞・朝日新聞・毎日新聞・日本経済新聞の読書欄に掲載された会員社の刊行物をご紹介いたします。

書評情報

2018年8月25・26日書評情報

読売新聞】

安高啓明著『踏絵を踏んだキリシタン』(吉川弘文館)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:加藤徹氏)。

書籍詳細はコチラ

 

山本譲司著『刑務所しか居場所がない人たち』(大月書店)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:坂井豊貴氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

鴨居羊子著『わたしは驢馬に乗って下着をうりにゆきたい』(筑摩書房)の書評が

「ひもとく」欄で掲載されました(評者:山室信一氏、サンキュータツオ氏、桜庭一樹氏)。

書籍詳細はコチラ

 

リチャード・J・エヴァンズ著『力の追求』上・下(白水社の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:西崎文子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ダニエル・ヘラー=ローゼン著『エコラリアス』(みすず書房の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:都甲幸治氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

サラ・ワイズ著『塗りつぶされた町』(紀伊國屋書店)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:富山太佳夫氏)。

書籍詳細はコチラ

 

 

2018年8月18・19日書評情報

【読売新聞】

デイヴィッド・ベロス著『世紀の小説『レ・ミゼラブル』の誕生』(白水社)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:鈴木幸一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

松井彰彦著『市場って何だろう』(筑摩書房)の書評が

「本よみうり堂」欄で掲載されました(評者:坂井豊貴氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

大槻文彦著『言海』(筑摩書房)の書評が

「ひもとく」欄で掲載されました(評者:山室信一氏、サンキュータツオ氏、桜庭一樹氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ブルンヒルデ・ポムゼル、トーレ・D・ハンゼン著『ゲッベルスと私』(紀伊國屋書店の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:西崎文子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

天野忠幸著『松永久秀と下剋上』(紀伊國屋書店の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:出口治明氏)。

書籍詳細はコチラ

 

宇田智子著『市場のことば、本の声』(晶文社の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:都甲幸治氏)。

書籍詳細はコチラ

 

デイヴィッド・シルヴェスター著『ジャコメッティ 彫刻と絵画』(みすず書房の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:椹木野衣氏)。

書籍詳細はコチラ

 

野家啓一著『はざまの哲学』(青土社の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:野矢茂樹氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

聡威著『ここにいる』(白水社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:川本三郎氏)。

書籍詳細はコチラ

 

甘耀明著『冬将軍が来た夏』(白水社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:張競氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

甘耀明著『冬将軍が来た夏』(白水社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:福嶋亮大氏)。

書籍詳細はコチラ

 

 

2018年8月11・12日書評情報

【読売新聞】

萱野茂著『アイヌの昔話』(平凡社)の書評が

「空想書店」欄で掲載されました(評者:日和聡子氏)。

書籍詳細はコチラ

 

A・R・ウォーレス著『マレー諸島』上・下(筑摩書房)の書評が

「夏休みの1冊」欄で掲載されました(評者:塚谷裕一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ミシェル・レリス著『幻のアフリカ』(平凡社)の書評が

「夏休みの1冊」欄で掲載されました(評者:よみうり堂店主氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

鈴木多聞著『「終戦」の政治史 1943-1945』(東京大学出版会)の書評が

「この3冊」欄で掲載されました(評者:茶谷誠一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

村田喜代子著『火環』(平凡社)の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:小島ゆかり氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

遠藤薫編『ソーシャルメディアと公共』(東京大学出版会)の書評が

「今を読み解く」欄で掲載されました(評者:芹川洋一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ジャレド・ダイアモンド、ジェイムズ・A・ロビンソン編著『歴史は実験できるのか』(慶應義塾大学出版会)の書評が

「この一冊」欄で掲載されました(評者:山内昌之氏)。

書籍詳細はコチラ

 

朧谷寿著『藤原彰子』(ミネルヴァ書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:大塚ひかり氏)。

書籍詳細はコチラ