2018年12月22・23日書評情報

【読売新聞】

辛島デイヴィッド著『Haruki Murakamiを読んでいるときに我々が読んでいる者たち』(みすず書房)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:宮下志朗氏)。

書籍詳細はコチラ

 

ライアンダ・リン・ハウプト著『書物のある風景』(青土社)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:塚谷裕一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

池内紀著『記憶の海辺』(青土社)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:坂井豊貴氏)。

書籍詳細はコチラ

 

前野直彬著『精購 漢文』(筑摩書房)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:苅部直氏)。

書籍詳細はコチラ

 

前野直彬著『精購 漢文』(筑摩書房)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:苅部直氏)。

書籍詳細はコチラ

 

マルク・レヴィンソン著『例外時代』(みすず書房)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:鈴木幸一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

飯田芳弘著『忘却する戦後ヨーロッパ』(東京大学出版会)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:鈴木幸一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

フィリップ・サンズ著『ニュルンベルク合流』(白水社)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:藤原辰史氏)。

書籍詳細はコチラ

 

エイドリアン・オーウェン著『生存する意識』(みすず書房)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:服部文祥氏)。

書籍詳細はコチラ

 

スコット・カーニー著『サバイバルボディー』(白水社)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:服部文祥氏)。

書籍詳細はコチラ

 

清水真人著『平成のデモクラシー史』(筑摩書房)の書評が

「年を越す前にぜひ読むべき本」欄で掲載されました(評者:三浦瑠麗氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【朝日新聞】

水島治郎・君塚直隆編著『現代世界の陛下たち』(ミネルヴァ書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:齋藤純一氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【毎日新聞】

宇田川幸大著『考証東京裁判』(吉川弘文館の書評が

「この3冊」欄で掲載されました(評者:日暮吉延氏)。

書籍詳細はコチラ

 

井波律子編訳『中国奇想小説集』(平凡社の書評が

「今週の本棚」欄で掲載されました(評者:池内紀氏)。

書籍詳細はコチラ

 

【日本経済新聞】

ウィリアム・マッカスキル著『〈効果的な利他主義〉宣言!』(みすず書房)の書評が

「読書」欄で掲載されました(評者:荻上チキ氏)。

書籍詳細はコチラ

 

2018年12月25日